かいちと学ぶ

【商業誌連載だけじゃない】誰でも漫画家になれる方法

                  




 

 

漫画家になるための条件は、「商業誌で連載する」というのが一般的ですよね。

 

でも、商業誌で連載を勝ち取るには競争が激しすぎるし、
仮に連載を取れたとしても、いつ打ち切りになるかわかりません。

実力勝負の商業誌の世界で、漫画家を一生の職業にするなんて…。

想像を絶しますよね。w

 

でも大丈夫。商業誌連載じゃなくても、漫画家として生きていく道はあります。

 

今回の記事では、商業誌連載以外で漫画家になる方法 と、そのために何をするべきか をご紹介していきます。

 

「商業誌連載以外は漫画家として認めない」と言う方は読まなくても結構ですが、

「商業誌連載じゃなくても、漫画を描いて生活できるならその方がいい」と言う方はぜひご覧ください。

 

ちなみにこの記事を書いているボクは、商業誌デビューできなかった漫画家 です。

現在は毎月、漫画やイラストのお仕事で5〜10万円ほど収入が発生しています。

 

 

この記事を読むとわかること

商業誌連載以外で漫画家になる方法

そのために何をするべきか

 

それでは見ていきましょう!

 

 

商業誌連載以外で漫画家になる方法:「漫画家」の定義

 

「漫画家」とは何も、商業誌で連載している人たちだけが名乗る肩書きではありません。

漫画を描いてお金を稼ぐことができれば、それは立派な「漫画家」です。

 

漫画でお金を稼ぐ方法はさまざまですが、今回はその中から、安定的にお金を稼げる2つの方法をご紹介します。

 

商業誌連載以外で漫画家になる方法:漫画家の種類

 

『漫画を描いてお金を稼ぐことができれば漫画家』

こちらの定義を元に、2つの漫画家の例をご紹介していきます。

 

・Web漫画家

・広告漫画家

 

 

Web漫画家

 

Web漫画家は、自身のブログで漫画を公開したり、ネットメディアで漫画を連載したりする漫画家のことを差します。

まずは自分のブログで漫画を公開し、SNS等拡散され、メディアから漫画掲載のオファーが来る。
という流れが一般的です。

 

「メディアから連載をもらえないと収入が得られない」
と思う方もいらっしゃるでしょうがそんなこともありません。

ブログでも収入を得ることは可能です。

漫画ブログでお金を稼ぐ方法は主にこの2つです

・作品を無料で読んでもらい、広告収入を得る

・Kindleなどのプラットフォームを使い、作品を有料販売する

すぐに安定した収入を得ることはできませんが、継続することで徐々に収入は増えていきます。

投稿が拡散されれば、他メディアへの掲載のお話や、他、イラストの依頼など、
ブログを軸に様々なお仕事に繋がります。

 

具体例としてボクをあげます。

ボク自身、こちらのブログで漫画を掲載し、広告収入を得ています。
Kindleで電子書籍を発売しており、そっちへの誘導もこのブログから行なっています。

また、Webメディアから漫画掲載のお話もいただいたことがあります。
(が、ボクが掲載する前にメディアが経営難になり、掲載のお話はなくなりました。笑)

イラストや、漫画制作のご依頼もこちらのブログを拝見した方からいただいております。

収入0から始めたブログですが、今ではこのブログを軸に月10万円ほどの収益が得られるようになりました。

 

広告漫画家

 

広告漫画家は、企業から漫画制作の案件(商品宣伝のための紹介漫画)をいただき、
企業に原稿を納品して原稿料を得る漫画家です。

企業は商品の宣伝に膨大なお金をかけるため、商業漫画よりも原稿料は格段に良いです。

単価が高い上にスケジュールは自分で管理できるので、安定的に仕事が取れれば「月の半分は働いて、もう半分は休む」といった働き方も可能です。

 

仕事を取る方法は様々ですが、大きく分けると主に2つです。

 

・営業をかける

自分のブログ、またはホームページを持ち、連絡先や作品を載せておきます。
ポートフォリオ(営業資料)を作成し、それを元に営業をかけ、仕事を取ります。

 

・SNSで拡散される

SNSで自分の漫画が拡散されることで、投稿が企業の目に留まります。
企業が気に入れば、広告漫画のオファーが来るという流れになります。

 

 

例として、あんじゅ先生 という漫画家さんをご紹介します。


あんじゅ先生は、SNSでの投稿拡散をきっかけに企業から仕事を多数獲得。

販売した書籍がベストセラーになっている、まさに次世代の漫画と呼ぶにふさわしい漫画家さんです。

 

商業誌連載以外で漫画家になる方法:具体的な行動

 

・Web漫画家

・広告漫画家

商業誌連載以外の漫画家を2パターンご紹介してきました。


では、Web漫画家 または 広告漫画家 になるためには具体的にどうしたら良いのでしょう。

 

2つの漫画家に共通することがあります。

それは〝自分のメディアを持っている〟ということ。

 

Web漫画家も広告漫画家も、ブログ、SNSを軸に様々な仕事を獲得し、収入を得ます。

・多くの人に自分の作品を知ってもらうために
・いつでもどこからでも見てもらえるネット上に
・自分のメディアを作って、作品を掲載しています。

ブログ、SNSを自分の作品を公開するための個人メディアにしているのです。

 

 

あなたがやるべきことは2つです。

・自分のメディアを立ち上げる

・自分の作品を宣伝、発信する

 

個人メディアを立ち上げ自分の作品を宣伝することで、漫画が収入に繋がります。

そしてこれらは今の時代、誰にでもできることです。

 

メディアは誰でも作れるしSNSは誰でも無料で使えます。

漫画で生活していきたいのなら、やらない手はありません。

 

商業誌連載以外で漫画家になる方法:まとめ

 

 

今回の記事をまとめます。

 

まとめ

・漫画でお金を稼げたら漫画家

・Web漫画家と広告漫画家がある

・個人メディアと宣伝発信で収入を得る

 

 

 

ボクはこの行動を起こしてようやく、人生が前に進みました。

 

 

「商業連載は厳しいけど、どうしても漫画で生活していきたい。」

そう思ったらいますぐ行動しましょう。

 

以上!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)でした!

 

【これからは個人の時代】夢を諦めるのはまだ早い もし、夢を諦める必要がなかったら? あなたは夢を追い続けますか? どーも!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII...