漫画

「共感SNS」から発信で大事なことを学んだ話

                  
共感SNS ゆうこす 発信 評価 レビュー 共感SNS ゆうこす 発信 評価 レビュー 共感SNS ゆうこす 発信 評価 レビュー 共感SNS ゆうこす 発信 評価 レビュー

 

 

 

どーも、かいちです。

ゆうこすさんの「共感SNS」を読んで、自分のSNS発信を見直すきっかけになりました。
ボクはこの本から、発信でいちばん重要なことを学びました。

「発信活動しているけどなかなか成果が出ない」という人にオススメです。

 

「共感SNS」というタイトルから、
発信で重要なのは「共感」であるということは、なんとなく読み解けるかと思います。

では「共感」を得るためには、どうすれば良いのか。

 

それは〝自分自身を知ること〟でした。

 

ちょっと、本の文章を一部引用します。

「私は女優を目指してます!」とツイートしたとて、このツイート1つで〝応援〟や〝共感〟に繋がることは絶対にありえません。

では、夢や願望でなく、何をプラスして発信すると〝共感〟を生めるのか。
それは、〝理由〟〝想い〟です。

どうして私は女優を目指しているのか
どうして多くの女性を綺麗にしたいのか
それがどうしてコスメだったのか

ここまでセットで発信して、初めて興味を持ってもらえると思います。

(一部引用)

 

ただ夢や目標を掲げ発信するのではなく、〝想い〟をプラスすることで、共感を得る発信ができるようになります。

 

しかし、その〝想い〟を発信するためには、自分でキチンと理解していなければなりませんよね?

なぜ、その夢を追いかけているのか。
また、それはどうしてか。

自分と対話し、〝想い〟を明確にすることで、
共感できる発信を生み出すことができるようになります。

 

ボクはそのことをいちばんに、この「共感SNS」から学びました。

 

この本は、大まかに5つの章で構成されています。

第1章 #SNSの自分づくり

第2章 #知名度0からフォロワーを増やす

第3章 #フォロワーをファンに

第4章 #ソーシャルパワーを仕事にする

第5章 #SNSでブランドを立ち上げる

発信のテクニックや、発信を仕事にするためのテクニックが盛り沢山。

しかし、いくらテクニックを学んで発信しても、土台がしっかりしていないと
思うように成果は出ません。

ゆうこすさんはそのこともよく理解しているので、土台である#SNSの自分づくり(第1章)の部分は特に細かく、いろいろなことが書かれています。

 

また、この本は活字で221ページもあるのですが、
難しい文章は一切出てこないし

引用にもある通り
活字がブログのようにカスタマイズされていて

とても読みやすいです。

活字が苦手なボクでも2時間足らずで読み終えることができました。

 

発信で壁にブチ当たっている人はぜひ手に取ってみてください。

以上。かいち(@KAICHIRO_ISHII)でした。