かいちと学ぶ

【発信力で夢を叶える】発信初心者のためのSNS講座

                  




 

どーも!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)です!

 

「発信力をつけて夢を叶えたいけど、何をどうすればいいかよくわからない」

この記事ではそんな疑問にお答えします。

 

この記事を読むとわかること

・発信力とは

・発信の基本

・発信の心構え

 

それではみていきましょう。

発信力とは

 

発信力は〝自分の意見を相手にわかりやすく伝える力〟のことをいいます。

 

拡散力や影響力のことではなく、伝えたい意見を、自分の思っている通りに相手に伝える力です。

ただ伝えればいいというものではありません。

相手の立場になって考え、自分の意見をどう捉えてほしいかを考えて発信することが大事になってきます。

独りよがりな自分の意見では、多くの人心には響きません。

目の前の1人のためを想って発信したことが、多くの人の心を動かします。

〝いかに相手の立場になって発信できるか〟がポイントです。

 

発信の基本

 

発信力をつけるためには、SNSを活用するのが、今の時代ではあたりまえになっています。

SNSといえば、代表的なのがTwitterFacebookInstagramですね。

自分に合ったSNSを活用するのがいちばんなのですが、

 

この記事では、SNSで発信力をつけるためにTwitterをおススメします。

Twitterは以下の特徴があるからです。

・アクティブユーザー数がいちばん多い

・投稿が拡散されやすい

 

Twitterは、SNSの中で最も国内アクティブユーザー数が多いです。

 

代表的なSNSのアクティブユーザー数がこちらです。

Twitter:約4500万人

Facebook:2800万人

Instagram:2900万人

引用元:【無料でDL】2019年2月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

 

 

 

加えて、SNSの中で最も投稿が拡散されやすいのもTwitterの大きな特徴です。

Facebookでは、投稿が拡散されるのは「友達の友達」までです。
Instagramではフォロワーのみにしか投稿が拡散されません。

しかし、Twitterのリツイート機能は非常に拡散力が高く、うまく拡散されると、不特定多数の人に投稿を届けることができます。

 

以上の理由からこの記事では、発信力をきたえるためにTwitterを使うことをおススメします。

 

 

 

発信力をつける上で欠かせないのが以下のふたつです。

・自分の意見をもつこと

・相手の立場に立って発信すること

自分の意見をもつ

発信力をつけるためには自分の意見を持つことが大前提になります。

意見がなければ発信ではなく、ただの「独り言」や「日記」になってしまうからです。

独りよがりな発信ほど意味のないものはありません。
なぜなら、誰もその情報を必要としていないからです。

あえてそういった発信をするのもテクニックとしてあるのですが、はじめのうちは自分の意見を持つことをとにかく意識しましょう。

 

自分の意見がスッと出てこない場合は、普段から物事に対し、「自分ならどう思うか」を考えましょう。そして習慣をつけましょう。

ボクもはじめは、自分の意見を持たないまま発信していましたが、普段から意識することで次第に自分の意見が明確になっていきました。

今ではどの意見に対しても、自分の意見を発信することができます。

まずは発信を繰り返し、自分の意見をじっくり探していきましょう。

 

 

 

 

相手の立場になって発信

発信するときは

〝目の前に思い浮かべた1人の人のことを想って発信する〟のがポイントです。

 

万人に届くように発信した投稿は意外にも多くの人の心に響きません。

誰にでも当てはまるようにしてしまうと、その分内容が薄くなってしまうからです。

目の前に思い浮かべた1人のことを思って発信すると、10割の人には届きませんが、内容が当てはまる1割の人には確実に届きます。

ボク自身もこれを意識することで、投稿が拡散される数がだいぶ伸びました。

 

みんなに受け入れられそうな言葉を並べるのではなく、想定したひとりの人に自分の想いを伝えるように発信していきましょう。

 

発信の心構え

 

発信初心者に気をつけてほしいことが2つあります。

・身内の視線を恐れない

・手を止めてもまた始める

 

身内の視線を恐れない

 

自分の意見を発信するとなると、気になるのが友達や家族、知人の視線です。

しかしここは割り切って、自分の意見を堂々と発信しましょう。
なぜなら身内の視線を気にすると、発信内容が中途半端になってしまうからです。

 

「嫌われないように」「変に思われないように」と思って発信してしまうと、先程言ったそうな、10割の人に届ける意見となってしまいます。

その発信は誰の心にも響きません。

1割の人に届く発信をするためには9割の人間には嫌われる覚悟を持って発信しなければなりません。

身内からも嫌われる覚悟でなければ発信力は磨かれません。

 

新しいアカウント、いわゆる「別アカ」を使って発信してもよいですが、発信を継続していく限り、いつかは身内にバレてしまいます。

なのでやはり、覚悟した上で始めましょう。

 

ボクもはじめは身内の視線が気になってしょうがなかったです。
ですが、一度割り切って発信すると徐々に慣れていきました。

気になるのは今だけなので大丈夫です。

 

 

手を止めてもまた始める

 

発信力をつける上で最も重要なことは〝継続〟することです。

「一度、優れた投稿をすれば一気に発信力がつく」ということはまずあり得ません。

 

日々の積み重ねによって発信力は磨かれます。
より多くの人に届く発信ができるようになります。

 

ですが発信を続けていくと、どうしても精神的に参ってしまったり、疲れてしまうことがあります。

そんなときは発信をお休みしていただいて構いません。

ですが、必ずまた始めてください。

 

ボクもはじめのうちは、発信で精神を消耗してしまうことがよくありました。
発信に向かう気持ちがなくなってしまい、投稿を止めてしまうことがよくありました。

しかしその度に再開してきました。数日休んだらまた気持ち新たに発信してきました。

 

ムリはしなくても良いですし、休む期間があっても問題ありません。
ですが本当に発信力をつけて夢を叶えたいのであれば、決して辞めないでください。

途中で辞めてしまっては、せっかくついた発信力がもったいないです。

ちなみにボクのTwitter発信は、フォロワー数376人のプライベートで使っていたアカウントから始めました。

10ヶ月間、発信にコミットしてフォロワー数を2000人まで伸ばすことができました。

ボクは商業誌デビューできなかった落ちこぼれ漫画家なので、知名度も影響力も元々ありません。そんな一般人でも発信でこれだけの結果を出すことができたのは、継続したからです。

発信力は今の時代を生きるための大きな武器になりますので、

継続を念頭において発信活動をしていきましょう。

 

 

発信まとめ

 

・発信力とは

・発信の仕方

・発信の心構え

以上の3点をお送りしてきました。

 

最後にこの記事の内容をまとめます。

 

この記事のまとめ

・発信は「相手に伝える力」

・自分の意見を持つことが大事

・身内の視線は気にしない

・継続がいちばん重要

始めのうちはわからないことだらけで大変だとは思います。
疲れたり、嫌になったりで、手が止まっちゃうことが何度もあると思います。

でも、落ち着いたら必ずまた始めてください。

ボクも何度も手を止めました。
でも、その度にまた始めてきました。

その繰り返しで今があります。

発信力がついた結果、本当に拡散してほしい自分ごとのツイートが拡散されるようになりました。

 

発信はスキルです。武器です。

ムリのないように、継続をこころがけて
発信力を磨いて夢を叶えましょう。

 

以上!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)でした!