Twitter攻略

フォロー&フォロワー整理が超カンタン! Twitter管理ツール『Social dog』

                  




 

「Twitterガチってきたけど、勢いでやってたらフォローもフォロワーもなんだかごちゃごちゃしてきて、誰か忘れちゃった人とかよくわからない人ともたくさん繋がってる。一回フォローもフォロワーも整理したい!でもそれがめんどくさい。」

なんてお悩み、ありますよね?

今回は、そんなお悩みを解決する便利ツール、

Social dog』をご紹介します。

 

Social dogを使えば、フォロー、フォロワーの整理が超カンタンに出来ちゃいます。

 

この記事では、Social dogを使ったフォロー、フォロワー整理の仕方をお伝えしていきます!

 

この記事を読むとわかること

Social dogを使ったフォロー、フォロワー整理の仕方

 

Social dog とは

 

Social dogは、Twitter運用のための管理、補助ツールです。

主にはフォロー、フォロワーの分析や管理に使用します。

 

Social dog でできること

 

Social dogには、無料のプランと有料のプランがあります。

今回ご紹介する「Social dogを使ったフォロー、フォロワー整理の仕方」は、無料のプランでできる方法です。

無料プランでもできる機能はこちら

・フォロワー数分析

・フォロー、フォロワーの管理

・ツイートのキーワード検索

・ツイートの予約投稿

 

今回はこの中から、「フォロー、フォロワーの整理」に特化してご紹介していきます。

 

 

フォロー、フォロワーの整理

 

Social dogでは、「フォローしているユーザー」と「フォローされているユーザー(フォロワー)」を、分類ごとに細かく分けて管理できます。

 

 

分類される項目は以下です。

【ファン】
自分がフォローされていて、フォローを返していないユーザーを指します。

【フォローされていない】
自分はフォローしているが、フォローを返されていないユーザーを指します。

【非アクティブ】
フォローしていて、30日以上ツイートやRTをしていないユーザーを指します。

【フォロー】
自分がフォローしているユーザーを指します。

【フォロワー】
自分がフォローされているユーザーを指します。

【相互フォロー】
お互いにフォローしているユーザーを指します。

【最近フォローされた】
最近フォローしたユーザーを指します。

【最近フォロー解除された】
最近フォロー解除されたユーザーを指します。

 

たとえば、同じフォロワーでも、

・相互フォローしているフォロワー
・自分はフォローしていないフォロワー
30日間投稿をしていないフォロワー

といった具合に、分けて管理ができます。

これらの分類をうまく活用して、フォロー、フォロワーの整理をしていきます。

 

例:非アクティブユーザーのアンフォロー

 

長い間Twitterを更新していないユーザーをフォローしていても、意味はありませんよね?

フォローしていても特に関わることはなさそうなら、フォローを外してしまいたい。
そんなことを思ったりするでしょう。

そのような非アクティブユーザーは、「非アクティブ」の欄から閲覧することができます。

【非アクティブ】
フォローしていて、30日以上ツイートやRTをしていないユーザーを指します。

30日以上ツイートやRTをしていないユーザーは、それ以前から更新していない、またその後も更新しない可能性が高いです。

 

「更新もしてないし、今後も関わることがなさそう」などと思ったユーザーは、この「非アクティブ」の欄からフォローを外します。

 

 

まとめ

 

Social dogはフォロー、フォロワー管理にとても便利なツールです。

Twitter運用にぜひ役立てていきましょう。

 

Social dogへ