Twitter攻略

Twitterフォロワーを増やすテクニック

                  




 

どーも!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)です!

 

「発信力はついてきたけど、今ひとつ伸びない」

今回の記事はそんな方に向けた、『Twitterフォロワーを増やすテクニック』をご紹介します

 

それでは見ていきましょう。

インフルエンサーに乗っかる

 

「インフルエンサーに乗っかる」 とは主に、インフルエンサーに投稿を拡散してもらい、その影響力の恩恵を受けることを意味します。

フォロワー数が少ないうちは、自力で投稿を伸ばすのは大変です。
なので、インフルエンサーに拡散してもらい、自分の投稿を伸ばします。

 

ですが、「この投稿を拡散してください」なんてお願いをしても拡散してもらえるわけはありません。

 

インフルエンサーに乗っかるためには、日々の積み重ねが大事です。

インフルエンサーは忙しいので、よくわからない人を相手にはしてくれません。

 

・インフルエンサーに認知してもらえているか

・日頃から良好な関係を気づけているか

・自分の発信力は十分か

 

などのアドバンテージが必要になります。

 

大事なのは、相手のことを考えることです。

インフルエンサーや、インフルエンサーのフォロワーさんのことまで考えた投稿で、インフルエンサーに絡んでいきましょう。

そして、存分に影響力の恩恵を受けましょう。

 

インフルエンサーに乗っかる方法を解説 どーも!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)です! フォロワー数が少ないうちは、自力で投稿を伸ばすのは大変...

 

ツイートをリライトする

 

過去に反応の良かったツイートを書き直します。

何度か書き直すことで、ツイートの精度を上げていきます。

 

 

 

だんだんとツイートの精度が上がっているのがおわかりいただけるでしょうか。

このように、過去につぶやいたツイートの精度をどんどん上げていきます。

ツイートの精度向上に伴い、反応はよくなっていきます。
最終的には、定期的にリツイートされる資産化されたツイートへと進化します。

 

ツイートの文字数を揃える。

 

ツイートの文字数を揃えます。

目的はユーザーの目を惹きつけることです。

コツは「ひらがな」「漢字」「言葉遣い」「、。…」をうまく使い分けること。

 


このように、文字数をキレイに揃えてユーザーの目を惹きつけます。

 

余白をデザインする

 

 

余白のデザインとは、ユーザーが親近感を抱いてくれるように、入り込むスキをあえてつくることです。

普段の発信の中に、自分の日常の様子や、少しふざけたコメントをあえて混ぜることで、等身大を演出します。

 

真面目な情報発信ばかりをしていると、ユーザーから親近感を持たれづらいです。
なので発信をしている中で、親近感をもってもらえるような〝余白〟をデザインします。

完璧な人や、お堅い人には、なかなか話しかけづらかったりして、あまり親近感が持てませんよね?

ところが、そんな人が突然自分の日常を語り出したり、ちょっとフザけたコメントを残すと、急に親近感が湧いてきませんか?

ボクの場合、実は真面目な内容を投稿したときよりも、何気ない言葉を投稿したときのほうがコメントが多いです。

 

このような感じで余白をデザインすることで、ユーザーとの距離を縮めます。

 

 

リプをくれた人を大切にする(アンチは除く)

 

自分の投稿にリプをくれた人を大切にしましょう。

自分の投稿からフォローしてくれなかった人でも、リプライを丁寧に返すとフォローしてもらえることがあります。

自分のファンになってくれるかもしれない方々ですので、丁寧に対応しましょう。

ただ、あからさまに批判してくるような投稿は、一度その人のアカウントを覗きにいってから考えましょう。

他の人にも同じような投稿をしてる人はスルーしても問題ありません。

 

これはテクニックというものではないですが、フォロワーを増やす上でとても重要なことなので記載しました。

 

フォロワーを増やすテクニック:まとめ

 

・インフルエンサーに乗っかる 

・ツイートをリライトする

・ツイートの文字数を揃える

・余白をデザインする

・リプをくれた人を大切にする(アンチは除く)

 

以上。5つのテクニックをご紹介してきました。

これらを駆使して、フォロワー数を伸ばしましょう!

 

以上!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)でした!