幸せの見つけ方

ないことを嘆くより、あることに感謝しよう。

                  




 

どーも、かいち(@KAICHIRO_ISHII)です。

今回は、「ないことを嘆くより、あることに感謝しよう。」というお話です。

この記事では、
捉え方を変えるだけで、ほんの少し人生が幸せになる。

そんなお話をしていこうと思います。

それでは、どうぞ。

 

ないことを嘆くのは人生の損

 

我々はつい、「ない」ことに意識がいきがちです。

 

・お金がない。

・時間がない。

・ない。ない。ない。

 

「ない」ことに意識がいくと、
思考がそのまま、ネガティブな方に引っ張られてしまいます。

例えば、給料日前の週末。
使えるお金が2,000円だとします。

この状況で「ない」に意識を向けると。

 

「ない」ことに意識を向けた場合

お金がない

何もできない

つまらない週末

 

こんな風になりますよね。

この思考では

 

お金がない=つまらない週末

 

となってしまいます。

 

でも、考えてみてください。

本当はあるんです。2,000円。

 

今度は「ある」ことに意識を向けてみましょう。

 

「ある」ことに意識を向けた場合

使えるお金が2,000円ある

美味しいラーメンが食べれる

幸せな週末

 

今度は、

使えるお金がある=幸せな週末

となりましたね。

 

 

状況は同じです。

使えるお金は2,000円。

 

でも、ほんのちょっとの意識の差で

 

つまらない週末

幸せな週末

 

と、思考が別れてしまいます。

だったら、

 

「幸せな週末」の方に考えた方が、

人生はほんの少し、幸せになると思いませんか?

 

 

まぁ、少し楽観的すぎるかもしれませんが(笑)

 

「ないない」とばかり嘆いていては、幸せが逃げていってしまいます。

同じ状況なら、ある方に意識を向けた方が幸せです。

 

あることに感謝する

 

ある方に意識を向けた方が幸せ

ということはわかっていただけたでしょうか。

 

しかしながら、

先ほども言いましたが、
我々はつい、「ない」ことに意識がいきがち。

あることに意識を向けることは、なかなか難しかったりしますよね。

 

そんなときに、「ある」ことに意識を向けるコツは

 

〝あることに感謝する〟ことです。

 

「ない」と思ったら「ある」と思いましょう。

そしてあることに感謝しましょう。

 

 

例えば先ほどの例

 

給料日前の週末。
使えるお金が2,000円だとします。

 

そしたらまず、2,000円を使えることに感謝します。

その2,000円で美味しいラーメンが食べられます。

美味しいラーメンが食べられることにも感謝します。

美味しいラーメンを食べられたおかげで、充実した週末にも感謝です。

 

そうやって、目の前のあることに感謝していくことで

「ない」ことから意識をそらすことができます。

 

そして人生をほんの少しだけ、幸せに送ることができるのです。

 

 

最後に

同じ状況ならプラスに考えた方が人生は幸せです。

 

人生をほんの少し幸せにする方法のひとつが、

「ないことを嘆くのではなく、あることに感謝する。」

 

ほんの少し捉え方を変えるだけ。いますぐ実践可能です。

 

あなたも、人生をほんの少し、幸せに過ごしてみてはいかがですか?

 

 

 

以上、かいち(@KAICHIRO_ISHII)でした。