Twitter攻略

何をつぶやく?漫画で生きるためのTwitter発信ジャンル一覧

                  




 

 

どーも!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)です!

漫画の中身よりもTwitterでのフォロワー数で雑誌連載が決まったりする近年。
担当編集さんに、「フォロワー増やしといて。」と言われる新人作家さんも多いことでしょう。

「でもフォロワーってどうやって増やせばいいの?」

なんて悩んでるかと思います。

フォロワー数を増やすためにはアカウントの方向性をしっかり定めることが重要になってきます。

あれもこれも好きなようにつぶやいていては、ユーザーはあなたのアカウントに価値を見出してくれません。

ユーザーは、自分にとってお得だなと思うアカウントをフォローします。

ユーザーがあなたのどんなところに興味を持ってフォローしてくれるのか。
ここを自分でデザインしましょう。

ユーザーの思考、フォローされる仕組みを知りたい人はこちらの記事をお読みください

Twitterのフォロワーが増えない?フォローされる仕組みを知ろう! どーも!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)です! Twitter、毎日がんばって更新してるのに ...

 

 

この記事では、
5ヶ月で約600人フォロワーさんを増やした漫画家かいち(@KAICHIRO_ISHII)が、

フォロワー獲得で悩んでるあなたに、

 

「漫画で生きるためのTwitter発信ジャンル一覧」

を共有したいと思います!

 

それではどうぞ!

 

 

Twitterで発信するジャンルはどんなのがいいの!?

 

 

Twitterを運用する大きな理由のひとつとして

自分の商品(漫画)の宣伝

があります。

これが全てではないですが、漫画で生きていこうと考えるのであれば、
発信でフォロワーさんを呼び込んだ奥で、しっかりと自分の商品(漫画)を宣伝したいですよね。

プロフィール欄には見ていただきたい商品(漫画)のリンクを貼っておきましょう!

商品があっての発信です!

コレを頭に入れた上でTwitterを運用していきましょう!

 

▼商品作成するサービス一覧はこちら▼

いろんなサービスを使って稼ごう!漫画で生き残るためのインターネット戦略 どーも、漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)です。 スマホの普及でインターネットに触れる人が爆発的に増加してい...

 

 

運用タイプの種類

 

職業は関係なく、Twitterを運用されているかたをいろいろ見ていると、
発信内容はだいたい大まかに分けられることがわかってきました。

 

  • エンタメ系(動画・漫画・イラスト・お笑い)
  • ノウハウ系(専門知識・攻略)
  • メンタル系(人生観・自己啓発)

 

 

コレを漫画家がTwitter運用をする場合に置き換えて考えてみましょう!

 

 

エンタメ系

漫画
イラスト

娯楽系の発信は漫画家の場合、自分の漫画、またはイラストになってきますね。

純粋に自分のコンテンツ勝負。

漫画が面白ければ、
イラストが受け入れられれば

フォロワー獲得に大きく繋がるでしょう。

 

 

 

ノウハウ系

漫画の描き方
イラストの描き方

 

ノウハウ系を漫画家に置き換えると、描き方、作り方の発信になりますね。

漫画の描き方といっても細分化するとたくさん出てきます

・ストーリーの作り方なのか
・ネームの描き方なのか
・コマ割りとか演出の知識なのか

などなど様々ですね。

イラストも同様に

・人体デッサンなのか
・背景の描き方なのか
・影や色の塗り方なのか

自分の好きな分野、得意分野はなんなのか考えた上で
発信内容を定めていきましょう。

 

メンタル

漫画との向き合い方
自分自身の人生観

自分の生き方を発信するというのは、ある種
コンテンツ関係なく自分のことを幅広く発信できます。

漫画(商品)よりも〝自分〟に価値をつけるという印象

仮にひとつの人気ある漫画が終了したり、漫画以外の活躍の場ができたときも、ファンはしっかり付いてきてくれます。

フォロワーの層は、自分のファンはもちろんのこと、
人生について悩んでる人が多い印象。
「ボクはこうして成功を掴んだ」というようなストーリーを見せてあげることで、多くの悩んでる人の救いになるでしょうね。

自分自身を全てコンテンツ化していく運用タイプです。

ちなみにボクもこの運用タイプ!

 

 

これだけだと具体的なところまでは伝わりづらいと思うので、

イメージしやすいよう、実際に漫画家のかたでTwitterアカウントを運用している例をピックアップしましたので参考までにご覧ください。

 

参考にしよう!実際に運用している漫画家のTwitterアカウント

 

 

漫画を発信するタイプのアカウント

 

漫画ブログとして大成功を収めている、『中国嫁日記』の作者。
井上純一先生@KEUMAYA 

井上先生は自身のブログで漫画を無料公開し、広告収入を得ています。
ブログの漫画に人気が出て書籍化。

2017年からはnoteという、ブログ記事を有料で販売できるプラットフォームで漫画を有料で販売しており、そちらも最近書籍になりました。

 

Twitterではブログ、note、書籍等。自身の漫画を告知していらっしゃいますね。

 

漫画を次々更新していき、商品力で勝負する。という方にオススメです。

ノウハウを発信するタイプのアカウント

 

ノウハウ発信で実例をあげるのはこのかた、かとうひろし先生@mangakato

漫画の専門学校の講師。連載経験もお有りのれっきとした漫画家です。

かとうひろし先生は、漫画の描き方のノウハウを発信されています。

フォロワー数は1万人に近いです。
漫画の描き方が知りたい層がフォロワーになっていると考えられますね。

 

かとう先生の売っている商品は漫画ノウハウの有料商材。

無料で提供する情報と有料の情報を分けており、

無料部分をツイッターに流して集客。
有益な情報はプロフィールにあるリンク先で販売しています。

noteという、ブログ記事を有料で販売できるプラットフォームを使っていますね。

 

 

自分自身を発信するタイプのアカウント

 

『カタルシスプラン』『10年メシが食える漫画家入門R』など、漫画に関する数々の書籍を出版されています。(ボク、かいちもこれらの書籍にお世話になりました。)

漫画家の樹崎 聖先生(@saintkisaki 

漫画元気発動計画 Domix代表。
トキワ荘PJ樹崎荘メンター。

などなど、漫画界のための様々な活動にチカラを入れておられます。

 

発信内容は主に、漫画に対する姿勢や向き合い方について多く発信されています。

漫画との向き合い方で悩んでる人が多くフォローしていると推測できますね。

 

漫画、書籍、公演など、売っている商品が本当にありすぎて、本当に〝自分自身を商品にしている〟という感じです。

ちなみにボク、かいち(@KAICHIRO_ISHII)のTwitter運用もこのタイプ。
ボクも将来的には漫画家の枠を飛び越えていろいろやりたいと思っているので、
自分の漫画以上に自分を売り込むことにチカラを入れています。

将来的に自分自身を売り込みたいという方にオススメの運用方法ですね。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?3つの実例、参考になりましたでしょうか。

 

アカウントの方向性を決める上で気をつけたいのが、
〝最終的に売りたい商品はなんなのか〟ということ。

発信する内容と売りたい商品の親和性を考えないと、
商品が売れないなんてことになり兼ねません。

 

例えば、
女の子のイラストをあげているアカウントには、
女の子のイラストが見たい層が集まります。

しかし、

そのアカウントが最終的に売りたい商品が
「女の子がたくさん出てくる漫画」なら良いのですが、

本当に売りたい商品が「男だらけの熱血スポ根漫画」だったら、
フォロワーさんはその漫画を読んでくれるでしょうか?

多分ほとんどの人が読まないですよね。
だって女の子のイラストが見たくてフォローしてるんですから。

最終的に売りたい商品はなんなのか。

発信する内容は、最終的に売りたい商品との親和性を考えてから決めましょう。

 

 

 

以上!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)でした!
それでは!

 

https://kaichinomangablog.com/followers/