Twitter攻略

【知らないうちに使ってる】Twitterプロフィール禁止用語

                  




 

どーも!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)です!

ファン獲得のために始めたTwitter運用。
いざ始めたはいいものの、プロフィール欄に何を書けばいいのかわからない。

そんなことありますよね。

 

今回紹介するのは、『絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語』です。

 

Twitterには、運用の際は決して使ってはいけないプロフィール用語が存在します。
あなたのフォロワーが増えない原因はもしかするとここにあるのかもしれません。

プライベートで使用する分には全然構わない用語ばかりなのですが、もしもあなたが、今後Twitterで影響力やファンを獲得したいのであれば要チェックです。

 

この記事では、

・絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語

・プロフィール欄改善のアドバイス

を解説していきます。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語5選

 

 

 

Twitterのプロフィール欄とはそもそも

ユーザーがアカウントをフォローするかしないかを決める最後の関門です。

書き込める文字数は、日本語の場合160字までと決まっています。

たった160字の中で、自分のTwitterアカウントをフォローするメリットを最大表現で書かなければならないのです。

 

そんな貴重なスペースに、ムダなことを書いてる余裕なんてありません。

 

ここに書くことを許される文字は、フォローされるために必要な情報のみです。

そのため、『絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語』というものが出てくるのです。

 

 

 

今回、ボクが100のアカウントをチェックした中で、もっとも多かった禁止用語を5つ紹介します。

 

・年齢

・〇〇用垢

・(現在の職業)

・無言フォロー失礼します

・フォローお気軽にどうぞ

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語:成人済み

 

「年齢」

 

あなたの年齢は、発信内容やアイコンを見れば概ねわかる情報ですよね。
わざわざ記入する必要はありません。

ブランディングに関係がある場合は例外です。

例えば「50代からプログラミング」や「18才社長」など
年齢を売りにして発信しているアカウントならともかく、

ブランディングと関係ないのにも関わらず、年齢に関することをわざわざプロフィール欄に記入する必要はありません。

 

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語:〇〇用垢

 

「〇〇用垢」

プライベートなアカウントならともかく、運用しようとしているアカウントにわざわざつける必要はありません。

「〇〇用垢」と記入するくらいならその「〇〇」を存分にアピールした文を記入しましょう。

例えば「イラスト垢」でしたら、そのスペースを使って、自分の絵の特徴や得意なジャンルなどを細かく書くといいですね。

そのほうが印象も良いですし、仕事にも繋がります。

 

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語:(現在の職業)

 

「(現在の職業)」

これは、「昼間は営業やってます」とか「会社勤めしながら〇〇してます」とかですね。
必要ありません。

これも、自己ブランディングに兼業や副業の要素が入っているなら問題ないです。

例えば、「副業漫画家」とか「会社員でも副業で年収1000万」とかですね。

 

ブランディング要素でもないのにわざわざ現在の職業を入れる意味は全くもってありません。

 

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語:無言フォロー失礼します

 

「無言フォロー失礼します」

ボクから言わせたら、「どうぞしてください。」という感じです。

ご近所付き合いを目的にTwitterをやっている人ならわかります。
しかし、これから影響力やファンをつけようとしている人が、いちいち「フォローしたときの挨拶」を記入するスペースはプロフィール欄にはありません。

 

あなたはすでに世界中に発信して、ファンを獲得する側の人間です。

余計なことはきにせず堂々としていれば良いのです。

 

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語:フォローお気軽にどうぞ

 

「フォローお気軽にどうぞ」

芸能人や有名人のアカウントで、見たことあるでしょうか。
プロフィール欄に「フォローお気軽にどうぞ」と記載されているアカウントを。

あなたはこれから、同じ立場に立とうとしている人間です。
あなたをフォローしたい人は勝手にします。

わざわざ記載する必要はありません。

 

 

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語:改善するポイント

 

 

Twitterプロフィール禁止用語5選

・成人済み

・〇〇用垢

・(現在の職業)

・無言フォロー失礼します

・フォローお気軽にどうぞ

以上、の禁止用語について説明して参りました。

ではどういった言葉を使うと良いのでしょうか。

 

 

記事の最初の方でも言いましたが、

 

Twitterのプロフィール欄とはそもそも、
ユーザーがアカウントをフォローするかしないかを決める最後の関門です。

たった160字の中で、自分のTwitterアカウントをフォローするメリットを最大表現で書かなければならないのです。

 

つまり、あなたのアカウントをフォローする理由になる情報だけを書き込むと良いのです。

 

プロフィール欄を記入する際に取り入れた方が良いポイントがあります。

それが以下です。

・自分が何者か

・これまで何をしてきたのか

・実績

・今後の目標

・発信する内容

これらを160字以内で簡潔に書き表すのがポイントです。

詳しくは、後ほど記事にまとめますので、お楽しみに。

 

 

 

絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語:まとめ

 

 

というわけで、

・絶対に使ってはいけないTwitterプロフィール禁止用語

・プロフィール欄改善のアドバイス

以上2点をご紹介してきました。

 

今回の記事をまとめるとこうなります。

まとめ

・フォローされるために不必要な情報は全て省く

・フォローされるために必要な情報のみを記載する

 

あなたにとってのTwitterは、もはやご近所付き合いのための場ではないはずです。
一人でも多くの人に、あなたのことを知ってもらうための場所です。

プロフィール欄からは、フォローされるために不必要な要素は一切省きましょう。フォローされることに全意識を置いて必要な情報のみを記入しましょう。

 

とはいってもムリはいけませんね。

ムリをすると続かないので、
継続することを念頭に置いて、楽しく快適なTwitter運用をしていきましょう!

 

以上!漫画家のかいち(@KAICHIRO_ISHII)でした!