お仕事

ボランティアは有償化した方がいい話

                  
見返りを求めず  無償でやるのが 当たり前と されている。  ボランティアは  困っている 人のため、  自らの 時間とお金を 使って活動する。  素晴らしい ことだと思う。  しかしボクは、 この現状に  ボランティアの 未来はないと 考えている。  ボランティアは 有償にするべきだ。 ボランティアを 有償にすべき理由は  無償のままでは 継続が困難 だからだ。  誰かの役に 立ちたい人が、  どれだけ活動を 続けたくても、  資金が尽きれば 続けられない。  ボランティアを したい気持ちが あっても、  お金がないから 活動できない。  という人は たくさんいる だろう。 ボクが 東日本大震災で ボランティアに 使ったお金は  合計 300万円だ。  ボクは  東日本大震災 が起きたとき、  被災地に飛んだ。  知り合いの方 何人かと  炊き出しの ボランティア。  ボクがひとりで 一度の炊き出しに 使ったお金は  100万円   それを 計3回行ったので 困っている人の 役に立ちたい。  気持ちだけあっても お金がなければ 行動できない。  これは事実。  ボランティアは 有償化すべきだ。  しかし、  一度考えて みてほしい。  そう思うことは 本当に 素晴らしいことだ。  行った ボランティア活動 を報告し、  評価た人が お金を投じる。  という仕組み。  自分の行いが 正当に評価されれば  ボランティア 活動を継続する モチベーションに 繋がる。  「無償でやるのが 当たり前だ!」 なんて言わずに

ボランティアは有償化した方がいい話:CRYPVO代表なかぞのさんの想い

持続可能なボランティア活動の仕組みを創ることを目標に、様々な事業を展開している組織、『CRYPVO』の漫画を描かせていただきました。
今回も、代表であるなかぞのさんの想いを漫画化させていただきました。

ボランティアという活動は、確かに素晴らしいものですが、無償で行うのを美徳とし、誰からも金銭を頂かずに奉仕ばかりしていては、ボランティアをする側が疲弊してしまうのは事実です。

『CRYPVO』では、そんなボランティア活動をする人々のために、ボランティアの有償化に取り組む、素晴らしい組織だと思います。

是非とも今後の活躍に期待したいですね。

CRYPVOの公式HPはこちら▼

https://crypvo.co.jp/

 

 

 

 

              
 
かいちの創作活動を応援!