お仕事

本当に大切にしたいと思うなら、〝今〟大切にした方がいい話

                  
妻の愛は 永遠だと思っていた。  妻とは 大学のサークルで 知りあった。  息が合い、 そのまま結婚。  結婚から ほどなくして 私は  銀行から 2億円を借りて  貸金業を始めた。 独立事業は 私の夢だった。  始めたからには 全力でやる。  そう決めた私は 仕事漬けの毎日を 送った。  1日18時間  本当に 休みなく働いた。  妻は そんな私に よく尽くしてくれた。  だが私は、 体調が悪いの。  悪いけど 病院まで 送ってくれない?  は?  こっちは 忙しいんだよ。  タクシー 呼べばいいだろ?  妻のために 使う時間は  1秒もなかった。 それまで 待ってくれ。  うん。  2億円の借金を 抱えた状態で、  妻を幸せに できるはずがない。  妻との時間を つくるのは  借金を返済し 事業が軌道に 乗ってからでも 遅くはない。  そう考えていた。  意地悪で 冷たくして いたんじゃない。  それだけ 本気だった。  もちろん 妻にもその旨は 伝えた。  返済が終わったら 時間つくるから、 完済してなお  本気だった 甲斐あって、  2億円あった借金は 2年で完済。  2億円が 手元に残った。  借金を完済した タイミングで 私は…。 残った2億円で さらに事業を拡大。  休むヒマなく  この勢いを 止めたくなかったのだ。 私いま忙しいの。  体調が 悪いんだ…。  病院まで 送っていって くれないか?  タクシー 呼べばいいでしょ。  気づいたとき  妻の愛は 冷めきっていた。 いつも そばにいてくれる   大切な人。  いつもそばに いるからと  ないがしろに していては  いつか失ってしまう。  大切な人を  本当に大切に したい と、思うなら  〝今〟 大切にした 方がいい。

本当に大切したいと思うなら、〝今〟大切にした方がいい:借入のすべて代表 小林修

日本最大級の借入情報サイト『借入のすべて』を運営されている小林修さんからご依頼いただきました。SNSのフォロワー獲得のため、ユーザーが共感できるプロフィール漫画を制作しました。

本当に大切にしたいと思うなら、〝今〟大切にした方がいい。小林さんの過去の経験から、多くの人が経験したであろう感情を元にエピソードを切り取らせていただきました。

僕も以前、大切な人を「今大事な時期だから」と蔑ろにして、結果的に別れることになってしまいました。「なんであのときもっと大切にしなかったんだろう」と後悔したものです。

大切な人は〝今〟大切にした方がいい。

失いたくなかったら、そのときできる精一杯で接した方がいいのかもしれません。

 

 

              
 
かいちの創作活動を応援!