創作

サラリーマンが国民的バンドのボーカルと入れ替わった話

                  
国民的バンド 〝COLOR〟特集  昔一緒に バンドを組んで いたやつが   30歳で国民的 アーティストに なった。  一方の俺は  ボーカル:イツキ  30歳で しがない サラリーマン。  俺の人生、 こんなはずじゃ なかった。 その日は 盛大に飲み食い した。  昔の バンドメンバーと 7年ぶりに再会 バンドで 一発当ててやる。  高校の同級生で 組んだ バンドメンバーで 上京した。  そう思って、 各々 アルバイトをしながら、 空いた時間で集まって 練習した。  俺とイツキの ツインボーカル。  曲は基本的に イツキが書いた。  それを基に、 バンドメンバー みんなでアレンジ。 もう30歳で、 会社員で、 1日12時間くらい 拘束されて、 俺は俺なりに 一生懸命 やってきた。  あいつと一緒に バンドを続ける 選択をしていれば、   ホント、 変わんないなぁ。   俺も今頃… 最初は 何が起きたか   国民的バンドの ボーカルになった ことを自覚した。  しばらくして、  よくわからなかった。 才能、富、名声  俺の望んでいたものが 全て手に入った。  俺の人生は、 最高のものになった。  そう思ったのは つかの間だった。  イツキ、 新曲のデモ まだか? お世話になってます。 シンコーポの里崎です。 タイアップの曲の件 なんですが、  イツキさん、 今日のメディア出演、 打ち合わせ19時から お願いします。  アルバムの制作の他に タイアップ曲の制作 メディア出演 ライブツアー…  通知が止まらねぇ!!  それらの通知で 鳴り止まない スマホ イツキの驚異的な スケジュールに 俺の体は ついていけず、  バンドメンバーや スタッフ、 関係者には 迷惑をかけっぱなし、  国民的バンドは、 ものの数ヶ月で  メジャーシーンから 完全に消えた。 こんな、  俺の人生、 こんなはずじゃ…  こんなはずじゃ なかったのに。 一体どんな方法で 俺の人生を好転させて いったんだよ!!  金か?  コネか?  あんたが 金もコネも 持ってないことは、  あんたがいちばん よく知ってんでしょ。仕事が終わってから 1日1曲作って ネットでリリースして、  それを毎日 繰り返しただけだよ。  キョウスケ程度の スペックでも  やりゃあ できるモンだね。 曲のひとつも 作ってこないで   バンドの練習中は 誰よりも休憩して、  打ち上げは 人一倍 飲み食いして、 俺の人生が  何もしないで  夢なんか 叶うわけないだろ  違う…   こんなはずじゃ なかったのは…  俺はそんな やつじゃない… みんなで 集まって飲んだ 次の日だった。 ずいぶんと長い 夢を見ていた 気もするし、  現実だった 気もする。 キョウスケ程度の スペックでも  やりゃあ できるモンだね。  できんのかな…  俺にも、まだ…               
 
かいちの創作活動を応援!