創作

いじめを見ていることしができなかった話

                  
まどかも そう思うでしょ?  え?  これが、この世界で 平和に生き抜く 絶対のルールだ。  周りの意見から はみ出さないこと。  あ、うん。 そーだね。  あの転校生 ちょっと ムカつかない?  ね。 ヘラヘラ しちゃってさ。 ステージものか 模擬店だな。  学園祭の出し物を 決めたいと思う。  みんな何やりたい?  集団生活の輪から 省かれ、  周りの意見から はみ出した者は、  学校生活の終了を 余儀なくされる。  まずは、 賛成!  さ、賛成。  賛成!  ステージもの とか、 だりーだろ。  確かに! 模擬店にしよ!  模擬店で テキトーに 過ごそうぜ。 ステージものが やりたいです。 ちょっと 転校生!  あんた 何考えてるの?  転校早々 学校生活 終わらせたいの?  いやぁ、 みんなで ステージものを やった方が、  な、何言ってんの!?  ステージものなんて、 ダルいだけじゃない!  絶対楽しいと 思ってさ。  模擬店を選ぶのが 正解に決まって…。 正解? 誰の正解?  結局。 学園祭の出し物は 模擬店に決まった。  けど、  君の正解?  その後も転校生は 周りの意見に 逆らい続け、 周りからは 完全に省かれ ていた。  それでも、 嫌な顔ひとつせず、  悠々と学校生活を 送っている様を見せ、  そんな彼に、  私はどこか、 惹かれていた。 あの転校生 マジムカつく!  これだけ 省いてやってんのに すました顔 しちゃってさ。   ちょっと 懲らしめて やろうぜ。  まどかも そう思うでしょ?  え?  …うん。 え?  だから、  今日は 早く帰って。  忠告ありがとう。  え?  キミはどうするの? あ、まどか。   何? 先に来て 宣戦布告? やるぅー。  彼らに逆らえば、 私もクラスから 省かられる。  そう思いながら 私は、 省かれるのが 怖くて、  ただ、 見ていることしか  できなかった。 私は学校に 行けなくなった。  どう過ごせばいいのか わからなかった。  好意を寄せている人を 傷つけるのが正しい 世の中で、   でも、ずっと このままでは いけないことは 確かだった。 キミは どうするの? あ、 まどか!  おはよ みんな。  心配したよ。 もう体調大丈夫?  うん。 すっかりね。 おはよー 転校生。  おはよ。               
 
かいちの創作活動を応援!